ウレタン防水とは液状のウレタン樹脂を塗り、ゴム弾性のある防水膜を作る防水工法です。
比較的安価な上に、外壁・屋上と場所を問わず施工が可能なため、現在最も多く用いられる工法となっています。
ウレタン防水には2種類の工法があります。今回はそれぞれの工法について概要およびメリット・デメリットをご説明いたします。
1つ目は密着工法。
下地にウレタン防水材を塗り、補強布を張りつけた後に、さらにウレタン防水材を塗る工法です。メリットは後述する通気緩衝工法に比べて、安価で工期が早い点。
一方、デメリットとしては下地の乾燥が不十分な場合、塗膜層に膨れ・破断が起きやすい点が挙げられます。
2つ目は通気緩衝工法。
通気緩衝シートを張り付け、その上にウレタン防水材を塗る工法です。
メリットは密着工法に比べて膨れ・破断が起きにくい点。
デメリットとしては専門業者でないと工事が頼めず、初期費用が高くなってしまう点が挙げられます。
ウレタン防水は需要が多く、また技術の取得が容易であることから、塗り方がいい加減な悪徳業者も数多く存在します。
工事を依頼する際には必ず複数の業者から見積もりを取り、優良な工事業者を見きわめることをおすすめします。

ウレタン防水について詳しいことを知りたい人はこちら↓↓↓
外壁 屋上 ウレタン防水

関連記事